手汗には自律神経のコントロール!自分でできる手汗を止める方法

手汗には自律神経のコントロール!自分でできる手汗を止める方法

 

ボタボタと垂れるほどの手汗・・・「手掌多汗症」かもしれません

 

緊張や興奮する時に手汗が出るのは人間として正常な反応ですが、問題はその量です。手の平にじっとり汗が浮かぶ程度なら気にする必要はありませんが、ボタボタと汗が垂れるほど、もしくは手汗が原因で手の平にだけあせもができるほどなら、病気の可能性があります。

 

体のある箇所だけ大量の汗をかく病気として「多汗症」を耳にした事もあるのではないでしょうか。異常な量の手汗をかくのは、手の多汗症である「手掌多汗症」の可能性が高いです。

手掌多汗症の原因は、自律神経の乱れも大きな原因の1つ


手掌多汗症を含め、多汗症は自律神経の乱れが大きな原因の1つと、専門医が指摘しています。

 

自律神経には興奮を司る交感神経、リラックスを司る副交感神経がありますが、両者が正常なバランスでの働きによって人体の各機能を正常にしているのです。

 

色々な要因で自律神経のバランスが乱れると、体中に異常な反応や症状として現れます。多汗症も、自律神経のバランスが崩れ交感神経のみが過剰に働いていると現れる症状です。

 

記事の内容
  1. 自律神経が乱れる原因とその解消方法とは?
  2. 自律神経が乱れ、手掌多汗症となるほどのストレスはどんなものがある?
  3. 1日5分!簡単にできる事から始めよう〜ストレス解消&手汗対策3つ〜
  4. すぐに止めたい時も安心! 手汗を止める救世主「手汗対策用パウダー」

自律神経が乱れる原因とその解消方法とは?

ホルモンバランスが崩れている時

女性なら生理前後や妊娠、出産前後など、男性なら慢性疲労などでホルモンバランスが崩れる事があります。ホルモンバランスが崩れると、自律神経の乱れも同時に引き起こします。

 

ホルモンバランスの崩れによる自律神経の乱れは、一時的な事が多いので、ホルモンバランスが正常化すれば自律神経も元に戻ります。

 

また、ホルモンバランスの崩れは多汗症の他にも、ひどいPMSや更年期障害の原因にもなるので、気になる場合には医療機関を受診しましょう。

生活習慣の乱れ

バランスの悪い食事や昼夜逆転生活、睡眠不足など、生活習慣が乱れると自律神経も乱れます。太陽の光を浴びる、バランスよく食べる、早寝早起きをする、適度に運動を取り入れる、など生活習慣を改善すれば、自律神経も元に戻りやすくなります。

ストレス

自律神経の乱れの原因として、実は一番可能性が高いのがストレスです。ただし、ストレスは日常生活の要所で抱えやすい為、自分で気が付かない間に膨大なストレスとして蓄積している場合も。ストレスに気が付かないので、手汗に悩んでいても原因が分からないという悪循環にもなります。

 

まずストレスの蓄積を自覚すること。ストレスの原因を自分で探ると、ますますストレスになる・・・・という方も多いのですが、ストレスを認めてあげるという事は、実は自律神経の乱れの解消にとても重要なことです。

 

次は、自律神経を乱しかねないほどのストレスの原因について見てみましょう。

自律神経が乱れ、手掌多汗症となるほどのストレスはどんなものがある?

新しい環境

転勤や職場の配置転換など。転職をしたとたんに、大量の手汗をかくようになった人もいます。

人間関係の悩み

職場、友人同士や家族、ママ友など。ひとりひとり性格や気質の違う人間が集まる所では、どうしても人間関係で問題が起きがちです。子供がいじめに合っている、など自分以外の人間関係がストレス要因となる事も少なくありません。そして、人間関係でのストレスは、他のストレス要因よりも多大なストレスがかかります。

日常で少しずつストレスがかかる

仕事や育児など、日常生活の中でかかる小さいストレスが蓄積し、結果的に自律神経が乱れるほど膨大なストレスとなる事も。この場合はストレスの要因自体は小さい事が多いので、気が付かない内にストレスが溜まっている可能性が高いです。

性格的な問題

人からの目が気になる、失敗が怖い、ネガティブ、神経質、物事の切り替えが苦手、など生まれ持った性格によってストレスを溜めやすい人もいます。

1日5分!簡単にできる事から始めよう〜ストレス解消&手汗対策3つ〜

@リラックスできる時間を作る

自律神経が乱れるのは、交感神経が活発になるから。このスイッチをオフにしてあげることが大切です。

 

のんびり半身浴をする、好きなアロマの香りを楽しんでみる、など、ほっと一息つける時間はストレス解消に効果的です。リラックス状態は交感神経の働きを鎮め、副交感神経とのバランスも整えてくれますので、手汗の抑止にも繋がります。

 

毎日忙しくてそんな時間が持てない!という方も大丈夫。慌ただしい状況から自分を切り離し、気分の高まりを落ち着かせるのが重要ですので、仕事や育児の途中で抜け出し、休憩室やキッチン、トイレなどで何もしないでぼんやりする時間を1日5分持つだけでも効果的です。

A運動をする

最もおすすめしたいストレス対策です。

 

自分の身体に向き合う時間を作ることで、ストレス要因から気持ちを逸らす効果もあります。

 

ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、身体への負担も少なく自律神経も整えてくれるだけでなく、基礎代謝も上がります。汗の量の正常化や、ダイエットにも効く嬉しい効果も。

 

リラクゼーション効果も得られるヨガやピラティス、気分の良い中でもウォーキングやジョギングなら、ストレス解消や自律神経の正常化に最適です。自宅で空いている時間を利用してヨガをしたり、ちょっと早起きして散歩を楽しんだりなら今日からできますね。

B手のツボを押す

人体の各所に存在するツボには、手汗にも有効なツボもあります。

 

グーの手にした時に中指が当たる箇所、手の平の中心にある「労宮」のツボはリラックス効果があります。また、親指と人差し指の付け根にある「合谷」は、体の代謝にきくツボですので、多汗症のほか、無汗症にもきく。

すぐに止めたい時も安心! 手汗を止める救世主「手汗対策用パウダー」

手汗には自律神経のコントロール!自分でできる手汗を止める方法

 

ストレスを解消し、自律神経の乱れを整える方法を紹介しましたが、「今すぐに手汗を止めたい!」という状況もありますよね。

 

手汗をすぐ止めたい時とは、取引先の人と握手をする時、デートで手をつなぐ時、細かい作業をする時…など、緊張も伴って更に手汗が出やすい状況となっています。

 

すぐに止めたい手汗には、手汗の為に生まれたケア製品が効果的。特に即効性も高く使いやすい「手汗対策用パウダー」は、紙やキーボードを扱う際や、運転、ゲームなど色々な状況でも使いやすくなっています。

女性にも使いやすい! 手汗対策用パウダーファリネ

手汗には自律神経のコントロール!自分でできる手汗を止める方法

 

ストレス社会の現在では、実は手汗に悩む方も少なくありません。実は、多くの手汗対策用グッズが販売されています。どれを選んでよいか分からない、という方も安心して使えるのが、「ファリネ」です。

 

ファリネは手汗のケアに特化した医薬部外品です。

 

手汗の原因となる手の平の汗腺「エクリン腺」からの手汗をしっかり止めてくれます。しかも、万が一効果がなかった時にも30日以内なら返金保証制度つきで安心。初めて手汗対策用パウダーを使いたい方から、今まで手汗対策にスプレータイプの制汗剤を使ったのに効かなかった!という方までお勧めです。

 

使い方もとても簡単。手汗が気になる時に手の平に8回ポンポンするだけでOK。さっと出してさっと使えます。

 

手汗には自律神経のコントロール!自分でできる手汗を止める方法

 

手汗ケア製品を使っているのがばれたら恥ずかしい、という女性にもファリネなら安心。とてもコンパクトで携帯もしやすく、手汗対策ケア製品には見えないキュートな見た目となっていますので、女性のコスメポーチの中にも入れられます。お肌に優しい無添加と言う所も女性に嬉しいですね。ファリネを使った人の口コミをみる>>

 

自分の身体と心を大切に

自律神経のコントロールはなかなか一筋縄ではいかないのですが、朝決まった時間に起きる、太陽の光をあびる、1日5分でいいから運動する、といった事でも確実にプラスになります。

 

どうしてもストレスから抜け出せない、手汗が止まらない...という時は、自分にきちんと時間をかけてあげられているかどうか、振り返ってみる機会かもしれません。

 

自分の身体と心を大切にして、身体に良いことをぜひ心がけてくださいね。