手汗は何科?保険は利く?病院での手汗治療まとめ

手汗に悩んでいる人の中には、一度病院へ行ってみようか?と迷っている人もいるのではないでしょうか?

 

でも、「病院での手汗治療っていったい何をするの?」、「そもそも病院で手汗は治せるの?」と不安を感じている人も多いと思います。

 

手汗は何科にかかれば良いのか、健康保険は使えるのか、また手汗のレベルによってどんな治療がおすすめなのかを分かりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

手汗治療は何科を受診するの?

病院で受けられる手汗の治療は何種類かあり、どの治療法を選ぶかによって受診する科が異なります。

 

手汗治療を行っている科は以下のとおり。

  • 皮膚科
  • 美容外科
  • 整形外科
  • 心療内科
  • 多汗症専門外来・代謝異常外来

一般的には皮膚科がおすすめ

手汗の治療を病院で受ける場合、まずは「皮膚科」を受診することをおすすめします。

 

なぜなら、手汗のレベルは人によってさまざまで、自分にはどの治療法が合っているのかをトータル的な視点から診てもらう必要があるからです。

 

皮膚科では手汗の問診から診断、相談、その人の手汗に合った治療方法のアドバイスをしてくれます。

 

まずは皮膚科を受診し、その後に自分の手汗に合った治療を行っていくのが良いでしょう。

 

※受診の際は、その皮膚科が手汗の治療を行っているかどうかを事前に確認しましょう。

多汗症専門外来を探すのも手

最近は、「多汗症専門外来」、「発汗異常外来」を設けている病院もあります。こちらでは汗の悩みを持つ患者さんばかりを診ているため、手汗の原因や治療法に関して、より専門的な情報が手に入ります。

 

興味のある方は、お近くの総合病院などを調べてみましょう。

心療内科を受診するケース

手汗をあまりに気にし過ぎる人、周りの目が気になって平常心でいられないような人は、「また手汗をかいたらどうしよう」と心配するあまり、交感神経が活発になって余計に手汗がひどくなってしまうことがあります。

 

そのような場合は、医師の判断により心療内科で心のケアを行うケースもあります。

その他

皮膚科での一般的な治療で期待するような効果が出ない場合、次の選択肢に上がるのが、「美容外科」や「整形外科」で行われる外科的治療。

 

治療のくわしい内容については、順を追って説明していきたいと思います。

 

手汗治療に健康保険は使えるの?

病院での手汗治療には、健康保険が適用される場合とされない場合があります。

 

保険適用範囲の治療法や投薬で効果がなく他の治療を選択した場合、自由診療扱いになり治療費がかなりの高額になるケースも。

 

一度の治療で治るものから、継続して治療に当たる場合など、選ぶ治療法によってかかる期間や費用はまちまち。

 

どの治療法もそれぞれメリットとデメリットがあるため、医師とよく相談して慎重に検討しましょう。

 

手汗の治療法ご紹介箇所に、保険適用の有無も記載しているので、ご確認くださいね。

 

手汗の治療方法

病院で行う手汗治療は、その人の手汗のレベルによって方法が変わってきます。

 

※手汗レベルについては以下を参考にしてください。

 

  • レベル1:手が湿っている程度。汗ばんでいることが分かる状態。
  • レベル2:手に水滴ができる。はっきり濡れている状態。
  • レベル3:手に大量の水滴が溜まり、汗がしたたり落ちるほどの発汗。

 

ではさっそく、手汗のレベル別に、それぞれどのような治療法が向いているのか説明していきます。

 

レベル1「じんわり汗ばむ程度の手汗」

人より少し汗かきかな?という程度の発汗量です。この段階では、病院へ行くほど深刻に悩む人は少ないでしょう。

 

このレベルの手汗なら、市販の「制汗剤」や「手汗専用パウダー」などで十分効果を感じる人も多くいます。

 

制汗剤や手汗専用パウダーはドラッグストアやインターネットで手軽に購入できますし、使用法もかんたんなので、まずはお試し感覚で使ってみると良いかもしれません。

 

また、今以上に手汗がひどくならないように、生活習慣を整えたり食事に気を配ったりして体質改善を心掛けるようにしましょう。

 

レベル2「手の平が濡れるほどの手汗」

このレベルになると、本やノートが汗で湿ってしまったり、パソコンのキーボードに汗が付いてしまったりと、日常生活で汗に悩むことが増えてきます。

 

本人も汗対策を意識するようになるため、さまざまな情報集めをしている人が多いのではないでしょうか?

 

もちろんレベル1同様、制汗剤や手汗専用パウダーを使用すればある程度は汗を減らすことは可能ですが、それでも追いつかない場合は病院での治療を考えても良いと思います。

 

病院で治療をする場合、このレベルだと「塩化アルミニウム外用制汗剤」や「イオントフォレーシス」、内服薬の「神経遮断薬」を勧められるケースが多いです。
これらはすべて皮膚科で扱う治療となります。

 

【塩化アルミニウム外用制汗剤】

塩化アルミニウム溶液は、汗の気になる箇所に塗ることで汗腺を塞いで発汗を減らす効果があります。

 

アルミニウム溶液は健康保険が適用されないため全額自己負担。費用は病院によってまちまちなので不安な人は事前に病院へ問い合わせた方が良いでしょう。

 

目安としては、診察料や薬代などすべて合わせて4,000〜5,000円くらいが平均です。

 

塩化アルミニウムは手軽に扱えて効果もそれなりに高く、おすすめな治療法です。しかし、肌の弱い人はかゆみやカブレ、皮膚炎などの副作用が出ることもあるのでご注意ください。

 

【イオントフォレーシス】

イオントフォレーシスは保険適用となっている治療法です。手の平を水道水に浸したところへ微弱な電流を流し、電流の作用で汗を抑えます。週に1〜2回通い、半年から1年ほど治療を続ける必要があります。

 

1回につき1000円以下で治療をおこなう病院が多く、負担はそれほど大きくありませんが、長く通うことになるため定期的な出費となります。

 

人によっては痛みや軽い火傷のような症状が出ることがあるので、その場合はすぐに医師へ相談しましょう。

 

【神経遮断薬】

医師の判断により、神経伝達物質遮断薬(抗コリン薬)が処方されることがあります。

 

汗が分泌されるのは神経伝達物質である「アセチルコリン」が原因。そこで、アセチルコリンの分泌を抑える作用を持つ薬を内服し、汗の量を減らしていくという治療法です。

 

保険適用になるため、費用は3割負担。薬代は1カ月分で約1000円前後です。(初診料・診察料・処方量などが別途かかります。)

 

即効性がありたいへん便利な薬ですが、喉の渇き、眠気、便秘、排尿障害などの副作用があるため、体調の変化に注意しながら服用し、気になることがあれば医師に相談してください。

 

レベル3「ポタポタしたたり落ちるほどの手汗」

このレベルでは、手の平が常に汗で濡れているような状態です。

 

絶えずタオルを手放せない、人とのコミュニケーションにも難が生じるなど、早急な汗対策を講じないとまともな日常生活を送れないほどで、かなり深刻に悩む人が多くなります。

 

このレベルでは市販の制汗剤はほとんど効き目がないため、病院で治療を受けることを真剣に考えても良いでしょう。

 

基本的には医師の判断にゆだねることになりますが、レベル2で説明したイオントフォレーシスや神経遮断薬の他に、重症の手汗に特に効果のある治療として、「ボトックス注射」や「手術」があります。

 

【ボトックス注射(ボツリヌス毒素局所注射)】

制汗剤などのライトな対処法では効果がないけれど手術は受けたくない場合、「ボトックス注射」という手段があります。

 

ボトックス注射は、皮膚科、美容外科で受けることが可能。

 

ボツリヌス菌は交感神経から「アセチルコリン」の分泌を妨げる作用を持っているため、制汗効果がとても高いのが特徴です。

 

一度注射を打つと、約半年間ほど効果が持続するため、手汗に悩む人にはありがたい治療ですが、健康保険が利かないため治療費が高額になるのがネック。一般的に1回7〜10万円ほどかかります。

 

また、1回の治療で手のひらに何箇所か注射を打つため、痛みに弱い人にとってはかなりの苦痛を伴います。

 

費用が高く付くことと注射への恐怖から、止む無く他の治療法を選択する人もいるようです。

 

確かに強い痛みはストレスになりますが、効果の高い治療法なので簡単に諦めるのはもったいないかもしれません。

 

麻酔をしてくれたり何かしらの対処を行ってくれる病院が多いので、気になる人は事前に問い合わせてみましょう。

 

【手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)】

内視鏡を使って胸部交感神経を遮断する手術で、手汗をほぼ完全に止めることができます。

 

手術時間は約20〜30分程度。日帰りが可能な病院も。

 

受診は基本的には整形外科になります。

 

胸腔鏡下交感神経節遮断術は健康保険が適用されます。病院によって多少異なりますが、相場は3割負担でおおよそ8〜10万円といったところ。

 

この手術を受ければ手汗で悩むことはほぼなくなりますが、多くの人に「代償性発汗」という副作用が現れ、手汗は止まっても背中や太もも、おなかなど別の場所の汗が増えてしまうことがあります。

 

手術したことを後悔することのないよう、事前に医師と十分話し合いましょう。

 

まとめ

手汗の治療で病院を訪れるなら、まずは冒頭で説明した「多汗症専門外来」や「代謝異常外来」がいちばん適していると思われます。

 

ただ、これらの専門外来は全国的に見てまだ数が少ないのが現状。

 

そのため、お住まいの近くに無い場合は、多汗症治療を行っている皮膚科を探すのが早道です。

 

より自分に合った治療法を見つけるためには、専門知識を持つ医師と納得の行くまで相談することが大切。

 

治療法、費用、副作用など、多方面からよく検討し、自分にとって最善な治療法を選びましょう。