ワキガが再発してしまった!再発する理由と再手術について

ワキガ体質として生まれ、毎日数時間置きにデオドラントし、それでも防げないワキガ臭。

 

手術こそが救われる道!と、お金をかけて術後の固定期間を耐え、ワキガ手術を行った人も多いと思います。わきっぴーもそうです。

 

でも、わきっぴーは100%アポクリン汗腺を切除する事はできなくて、今でもワキガ臭がします。

 

(※この記事ではワキガ手術の再発について書いていますが、わきっぴー自身は、手術をしてよかったですし、今でもワキガ対策としては手術がベストだと思っています。)

ワキガが再発してしまう理由とは

なぜワキガの手術をしても再発してしまうのか?
考えられる理由は次の2つです。

  1. アポクリン腺のとり残し(私がコレに当てはまる)
  2. 思春期、成長期の汗腺の発達

1:アポクリン腺のとり残し

私たちの体には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」という汗腺が存在します。

 

2種類の汗腺は、普段の生活をするにあたって体温調整などの重要な働きを担っています。エクリン腺は無臭に対して、アポクリン腺はワキガ体質の方に多く存在していて、脇の下や陰部、乳輪や肛門付近に集中しています。

 

ワキガの手術をする場合、臭いの原因となるアポクリン腺という汗腺を除去することによって、大幅に臭いと汗を軽減できるというわけです。

 

専門医によるワキガの手術にはいくつかの方法がありますが、代表的なものとして「吸引法」と「剪除法」があります。

 

「吸引法」は脇の下を1cmほど切開し、カニューレという特殊な機械でアポクリン腺を吸引していきます。傷口が小さくダウンタイムも少ないというメリットありますが、医師が直視下で汗腺をお取りすることができないため、どうしても取り残しが生じてしまいます。

 

もうひとつの手術方法である「剪除法」の場合、脇の下を5cm程度切開し、医師が直接目で確認して、1本ずつ丁寧にアポクリン腺を取り除いていきます。再発率は吸引法よりもかなり低いのですが、医師の経験と技術、またアポクリン汗腺が取り切れないほど広範囲に渡っている場合は、再発率が変わってきます。

 

またアポクリン腺は非常に生存力が強いため、1つでも取り残しがあるとワキガの手術をした数年後に再発してしまうことも考えられます。

 

いなくなったアポクリン汗腺の分まで頑張ろうと、残ったアポクリン汗腺が大きくなってしまう事もあるよう(-_-;) 頑張らなくていいのに〜

 

ワキガが再発してしまった!再発する理由と再手術について

わきっぴーは、剪除法(皮弁法)でアポクリン汗腺を除去しました。ただ、アポクリン汗腺が残っているんですよね。これは医師の取り残しというよりも、もともと重度のワキガでアポクリン汗腺が広範囲に渡っているため、手術でも取り除けなかったのだと思います。

2:思春期、成長期の汗腺の発達

ワキガの再発するもうひとつの理由とは、思春期・成長期の汗腺の発達です。

 

親切なクリニックでは、思春期や成長期(10代〜20代前半)にワキガの手術を勧めないことが多いといいます。

 

臭いの原因となるアポクがリン腺は体の成長と同様、思春期や成長期に過剰に発達し、たとえ取り除いたとしてもまた再発してしまう可能性高いといいます。再発の可能性を少しでも減らしたい場合は、手術を受ける時期も重要となります。

 

また思春期や成長期が過ぎても、アポクリン腺の働きが過剰な方は再発の可能性があるため、完治が難しいといえます。

 

ワキガが再発してしまった!再発する理由と再手術について

我が家は遺伝で娘もワキガです。私ほど臭わないのですが、本人が希望すれば将来ワキガ手術を受けさせる予定です。その際は、少なくとも20歳を超えてからと考えています。

ワキガ再手術は可能?保障の有無を確認しよう

万が一、臭いや汗が再発してしまった場合、どうしたらよいでしょうか?

 

まずはワキガの手術をしたクリニックに連絡し、診察を受けるのが基本です。

 

この時、一度受けられたクリニックに相談するか、または別のクリニックを受診するか迷うところで、もう失敗したくないという思いから、別のクリニックを選択される方もいるようです。

 

ただ、クリニックによっては手術後の保障があり、再手術を安く受けられたり、手術の内容によっては無料で受けられる場合があります。

 

また、手術前の元の状態を診察している医師のほうが、効果的な治療を提案し施術をしてくれるといえます。

 

どうしても他のクリニックに再手術をお願いしたい場合は、一度受けられた手術の説明書や契約書を持参し、内容をきちんと把握しておきましょう。

 

 

ただ・・・・わきっぴー自身の経験から言うと

 

ワキガ手術直後は無臭だったのですが、術後2週間したらまたワキガ臭が・・・・手術したクリニックに電話し、医師に相談しました。確か再発は無料でまた手術してもらえる事になっていたからです。

 

でも、ガーゼテスト(ワキにガーゼを挟んで臭いを確認)で医師が「そんなに臭うわけじゃないから、様子を見て。アポクリン汗腺はすべて取り除く事はそもそも不可能」と言われ、しょぼーん。。。

 

それで終わってしまいました。手術したのは20年前で今ほど情報が無かったというのもあり、医師に言われるがまま黙ってしまったというのもあります。

 

今は、ワキガの事を調べれば調べるほど、100%根治は難しいと感じているので、特にクリニックや医師に対して何か思うところもありません。

 

ただ、これから受けられる人は、今はネットで口コミや保障の有無を簡単に確認できるので、事前にしっかりと調べて後悔のないようにしてくださいね。

 

再手術方法、手術後(傷口)の経過、休み、費用について

専門医によるワキガの手術にはいくつかの方法がありますが、代表的なものとして「吸引法」と「剪除法(皮弁法)」が一般的です。

 

上記でも触れたように、吸引法よりも医師の直視下でアポクリン腺を取り除く剪除法のほうが確実に効果を得ることができますし、再発の可能性も低くなります。

 

一度吸引法の手術で満足のいく結果がでなかった場合、再手術は剪除法で行うことが多いようです。(わきっぴーは元から剪除法で手術して再発しましたが)

 

再手術ができるかどうかは医師の判断になりますが、剪除法での場合、前回できた手術の傷跡を利用することも可能となります。

 

傷口の大きさ5cm程度で、手術直後黒色の糸で縫合し、ガーゼを挟み込み固定を施します。1週間後に抜糸をし傷口の赤みは徐々に落ち着きます。1ヶ月程で白い一本線となり、最終的には脇の下のしわと同化してしまいますので、ほとんど目立たなくなります。

 

お仕事をされている方であれば、厚手の固定が付き腕を上にあげる動作ができないので、抜糸までの1週間はお休みをする必要があります。

 

手術費用についてですが、こちらは受けられるクリニックによって差があります。保険適用となる場合は両脇の施術で5万円程度ですが、自由診療で手術を受けられる場合は20万円から30万円となります。

 

再手術の場合、クリニックによっては割引があったり、場合によっては無料で治療が受けられることもあるようなので、クリニック選びは慎重に行い、契約書や保障書は大切に保管しておきましょう。

再手術は何度でもできる?考えられるリスク

再手術が可能かどうかは医師の判断によりますが、確実性の高い剪除法(皮弁法)の手術を何度も繰り返すことでリスクやトラブルも考えられます。

 

脇の下はしわも多いため、最終的には傷口がそのしわと同化してしまうためほとんど目立たなくなりますが、何度も手術を繰り返すことで傷口は大きくなりますし、治りも遅くなります。

 

また、皮膚の固さやしこり、ケロイド体質の方だと色素沈着の原因にもなります。

 

あと、汗腺を切除するので皮膚も薄くなります。それを考えると、剪除法での再手術はそう何度も出来るものではありません。

 

また、私のように生まれつきアポクリン腺の数が多く、汗腺の働きが活発な人だと、再手術繰り返しても、また数年後には臭いや汗が再発してしまう可能性もあります。

私が考えている今後

ワキガにも軽度、中度、重度とレベルがあり、私はもともと重度のワキガ体質です。

 

ワキガが再発してしまった!再発する理由と再手術について

 

アポクリン汗腺が広範囲に渡っている事に加え、ワキガ特有のベタベタするコリネバクテリウム菌(コリネバクテリウムキセロシス・ジフテロイド菌)の量が多い体質だと思います。

 

さらに40歳を超えたらホルモンバランスの崩れからか、なんだかワキガ臭が強くなってしまって。

 

普段はもちろんデオドラントなどで対策はしていますが、やっぱり手術でもうちょっと臭いを減らせたら楽かなと思います。ただ、

 

  • 年齢と伴に皮膚は固くなって手術跡の治りも悪くなる
  • 恐らく私のアポクリン汗腺はすべて無くせない

 

とも思っていて、なかなかワキガの再手術に踏み切れません。1週間程度、腕を固定するのでその間、家のことをどうしようかというのもあります。

 

先の事はわかりませんが、今ある治療法の中からだと、ミラドライがお手軽なのかな〜という気がしています。

 

ボトックスも治療のひとつにありますが、主に脇汗対策で、ワキガであれば軽度までで、中度以上のワキガへの効果は期待できないんですよね。

 

まぁ、ミラドライも再発はよくあるみたいですし、過度な期待はできないですが、切開必要な手術が不要な点が良いと思っています。

 

ワキガが再発してしまった!再発する理由と再手術について

もしワキガ手術前にこの記事を読んだ方は、ワキガ手術に対して不安な気持ちになるかもしれません。でも、私はワキガ手術で重度のワキガから中度レベルになったので、手術して良かったと思っていますよ!日常的には以前に比べてだいぶ楽になっています。