病院 ワキガ 診断

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

 

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

わきっぴーは、手術を考えていたので美容形成外科(クリニック)でワキガ検査をしましたが、まずは検査だけ...という方は、皮膚科でも出来るようですよ。

ワキガかどうか専門機関でチェックしてもらいたい場合、病院や美容クリニックで検査してもらえます。

  • 皮膚科
  • 形成外科
  • 美容形成外科、美容外科

診断だけで良いのなら皮膚科が手軽

わきが診断だけなら、皮膚科で診てもらえます。

 

皮膚科では医師がワキガだと診断後、外用薬や内服薬を処方されます。

皮膚科でもらうワキガ用の薬

外用薬:塩化アルミニウム液【保険適用あり】
内服薬:臭化プロバンテリン(汗を抑える薬)【保険適用あり】

 

塩化アルミニウム液は軽度のワキガ用の薬です。

 

強度のワキガで皮膚科での治療では不十分な場合、形成外科での手術をすすめられる事もあります。

 

また皮膚科によっては、上記の薬を処方していない所もあるので、受診したい皮膚科にあらかじめ電話等で確認をしておく事をおすすめします。

 

まとめ
診断だけで良いなら皮膚科で良い
皮膚科でのワキガ治療は軽度のワキガ向け

 

手術なら形成外科・美容形成外科・美容外科

 

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

ワキガ手術まで考えているのなら、手術を扱っている形成外科・美容形成外科・美容外科でのワキガ診断がおすすめです。

 

皮膚科に比べてワキガの患者が多く医師が慣れているので診療がスムーズです。

 

手術ありきで話しをすすめられる事もあるので、ワキガ臭が強い人がワキガ検査したい時におすすめです。


まとめ
手術も考えているのなら形成外科・美容形成外科・美容外科
中度以上のワキガ向け

形成外科・美容形成外科・美容外科の違いって?

今回、自分で調べてみてびっくりしたのですが、形成外科や美容形成外科って色々な種類があるんですね...

 

基本的には「保険適用できる施術」は形成外科、そうでないのは美容形成外科(美容外科)で分けられるようです。

 

でもワキガ手術の保険に関しては形成外科、美容形成外科、各病院によって扱いが異なるようですよ!

 

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

ワキガの保険適用についてみる>>

 

病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

個人的には、ワキガ診断をお願いするなら、皮膚科よりもワキガ手術を扱っている形成外科(美容形成外科・美容外科)の方が、診療の際のストレスが少ないかなと思います。


ワキガに慣れている医師なら良いのですが、ワキガ患者をあまり診ていない皮膚科の医師だと、自分がどう思われるか気にしてしまいそうで....


私自身は、美容形成外科でワキガ診断をしてもらって、そのまま手術の予約をしました。

病院でのワキガの検査ってどうやるの?

ワキガの診断リストでチェック

 

問診票でワキガのチェックリストに記入する病院もありますが、基本的には

  • 耳垢が柔らかく湿っている。キャラメル状になっている(飴耳)

    病院でワキガ診断をしたい!検査してもらえるのは何科?

     

  •  

  • 片親、もしくは両親がワキガ

 

この2つが当てはまれば、ワキガと診断されます。

 

ガーゼテストで医師が臭いを確認

 

さらにガーゼを脇に挟んで医師が臭いを確認する「ガーゼテスト」が行われます。

 

わきっぴーが手術をした病院では、両脇ではなく片側(臭いがきつかった右脇)のみガーゼを挟み、数分後、医師が臭いを確認していたと記憶しています。(20年以上も前の事なのでちょっと記憶がおぼろげ....)

 

ガーゼテストの診断結果は病院によりますが、

  1. 臭わない
  2. ごくわずかだけ臭う
  3. 鼻を近づけると臭う(軽度)
  4. 鼻を近づけなくても臭う(中度)
  5. ガーゼを手にもつだけで臭う(重度)

と分けられ、ワキガ手術をする場合は、軽度以上が対象となる事がほとんどです。

ガーゼテストを受ける前の注意点

医師にワキガ臭を確認してもらう必要がある為、検査の当日はもちろん前日も入浴を控えて、脇が臭った状態で病院へ行く事をおすすめします。(病院からそのように指示される場合もあります。)

 

もちろんデオドラントを使うのはもってのほか!

 

人によってワキガ臭が強く出るタイミングが異なり、例えば会社や学校では強く臭うのに家にいるとほとんど臭わない人もいるかと思います。(わきっぴーも緊張するとワキガ臭が強烈になります。)

 

ワキガの原因であるアポクリン腺は自律神経の影響を受けやすいので、いつでも均等に臭うというわけではないんですよね。

 

せっかく病院でワキガ検査をするのに、タイミング悪く?臭いがあまりしないと医師が、ワキガじゃないと判定してしまう可能性もあります。

 

だから、検査に行くときはなるべく脇の臭いが相手にわかるような状態で行ってくださいね。