ワキガ 原因菌

ワキガの原因菌?ワキガ臭が強いのは菌のせいだった!?

ワキガ菌なんて、まるでワキガの人をバイ菌扱いしているようなヒドイ言葉( ノД`)....と思っていたら、実際にワキガの原因となる菌がありました。

 

それがコリネバクテリウム菌(コリネバクテリウムキセロシス・ジフテロイド菌)です。

ワキガの原因菌って?ワキガ臭が強いのは菌のせいだった!?

人間の皮膚に常在している細菌の1つで、ワキガでは無い人にもコリネバクテリウム菌はあります。

 

でも次のように、ワキガの人と、そうでない人に存在するコリネバクテリウム菌の数が違うのだとか。

  • ワキガの人→ワキガ臭を発生させるコリネバクテリウムキセロシス(ジフテロイド菌)が多い
  • ワキガではない人→汗臭さを発生させる表皮ブドウ球菌が多い

アポクリン腺を減らしたのに臭うのはワキガ菌のせいだったのかも

わきっぴーは、20年以上前に剪除法でワキガの手術をしています。アポクリン腺を除去するので、ワキガの根本治療のつもりで受けたのですが、ワキガ臭が無くなったわけではありません。

 

ワキガの原因菌って?ワキガ臭が強いのは菌のせいだった!?

ワキガの臭いが以前よりもかなり抑えられたので満足はしているのですが、残っているアポクリン腺からしっかり強い臭いが今でもするんですよね...

 

もともと、ワキガ重度レベルでアポクリン腺も脇の下の広範囲に存在していたらしく、手術した箇所の外側の皮膚がベタベタしてそこから臭っています。

 

かなりの量のアポクリン腺を除去したのに、こんなにしっかり臭うのは、アポクリン腺の数が元々多かった事に加えて私はワキガ菌であるコリネバクテリウム菌が多いのかも。

 

そういえば妹もワキガですが、私よりも程度が軽いのでやはりアポクリン腺の数が私ほど多くないのか、またはコリネバクテリウム菌がそこまで多くないのかもしれません。

 

14歳の娘のワキガは現在、中程度。成長していくにつれて臭いが強くならないといいなぁ...と思っています。

 

ワキガ菌を殺菌する成分

ワキガの原因菌コリネバクテリウムを殺菌する成分としてポピュラーなのが、次の成分です。

 

イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)やβ−グリチルレチン酸

 

ワキガ用のクリームやデオドランド(単なる制汗剤ではないタイプ)には、特にイソプロピルメチルフェノール(またはシメン-5-オール)が含まれている事が多いです。

ただしワキガを長く抑えるには他の成分も重要

ワキガ用のデオドランドを選ぶ時は、上記の殺菌成分が入っている事も重要ですが、殺菌成分が入っていても汗が出て流れてしまうとすぐにワキガ菌が復活してきてしまうんですよね。

 

だからワキガ用デオドランドは2〜3時間置きに塗りなおす必要があるのですが、最近は持続力の高いワキガ用の薬やデオドランドも売られるようになってきました。

 

塗り直しが面倒な方は、殺菌効果X消臭持続効果に優れたデオドランドを使ってみるのも良いと思います。(私と娘も常用しています!)

 

ワキガ菌を長く抑えるデオドランド特集 >>